ץꥫrӋ

SCHEDULE

2014.05.14 WED

DEAFHEAVEN Japan tour 2014 with direct support: heaven in her arms

1年半振りの単独再来日公演決定! 2013年にリリースした2ndアルバム『サンベイザー』が米Rolling Stone誌“Best metal album”に選出、Pitchforkの年間トップ10入りを果たすなど、世界中のメディアからの称賛を浴びたこともあり、セールスも絶好調。文字通り2013年を席巻したデフヘヴンが絶好のタイミングで日本に戻ってくる。2011年のアルバム・デビュー、2012年の『leave them all behind 2012』出演/ゴッドフレッシュとの共演/単独ライヴでの初来日、昨年のメンバー補強を経て大きく成長した超新星が、更なる鮮烈ライヴを見せてくれるはずだ。 このツアーに同行するのはheaven in her arms。昨年COHOLとのスプリット作『刻光』をリリースし新たな方向性を示した彼らは、前回のデフヘヴン東京公演でもサポートを務めており、今回も最高のカップリングを期待出来る。


DEAFHEAVEN デフヘヴン
2010年サンフランシスコにてジョージ・クラーク(Vo)とケリー・マッコイ(G)によって結成。わずか数か月後には4曲入りのデモ音源を制作、同年夏に初ライヴを行い、12月にはジェイク・バノン(コンヴァージ)主宰のデスウィッシュとアルバム・リリース契約を果たすという、新人バンドとしては驚異的なスピードで基盤を固める。デモ音源2曲を抜粋した7インチ・シングルをリリース後、2011年3月にSXSW参加を挟み、2011年4月に1stアルバム『ローズ・トゥ・ユダ』を発表。ハードコア/ブラック・メタル/ポスト・ロック/シューゲイザーのハイブリッドともいうべきサウンドは瞬く間に話題を呼び、兄貴分として慕うロシアン・サークルズのUSツアーに帯同する頃には、鮮烈なライヴで大きなバズを呼び起こしていた。このロシアン・サークルズとのUSツアー中にデイメアと契約を結び、来日公演を見据えた上での長期的プロモーション・プロジェクトが開始。2011年12月にデモ音源4曲全てをボーナス・トラックとして追加収録した新装『ローズ・トゥ・ユダ』で日本正式デビューを飾る。2012年初頭に初のヨーロッパ・ツアーを大成功に収めた後、モグワイのカヴァーを収めたスプリットEPを地元SFのBOSSE-DE-NAGEと共にリリース。直後の11月に『leave them all behind 2012』に参加するかたちで初来日を果たし、ゴッドフレッシュやエンヴィと共演を果たし噂通りの鮮烈なパフォーマンスを見せた後、ゴッドフレッシュの大阪公演と名古屋/東京での単独公演でも大きなインパクトを残す。2013年に入り新作の準備に取り掛かり、6月に2ndアルバム『サンベイザー』をリリース、本作は米Rolling Stone誌“Best metal album”に選出、Pitchforkの年間トップ10入りを果たすなど、世界中のメディアからの称賛を浴びた。2014年は100数十本にのぼるライヴを世界規模で行うことになっている。これまで基本的にジョージとケリーを中心にその時々でサポート・メンバーを迎え入れるかたちを取っていたが、ダニエル・トレイシー(Ds)加入以降はメンバーもほぼ固まり、5ピース・バンドとしての体制を整えている deafheaven.com

LINEUP:

LIVE:
DEAFHEAVEN

support:
heaven in her arms
PALM

INFORMATION:
OPEN 18:00    START 19:00   

CHARGE:

ADV. ¥4500(D別) DOOR. ¥5000(D別)

コピー腕時計