ץꥫrӋ

SCHEDULE

2014.05.21 WED

CIBO MATTO 『HOTEL VALENTINE』 Release Japan Tour 2014

Miho Hatori (ハトリミホ): vocals
Yuka C. Honda(本田ゆか): keyboards/sampler

「『人生』って、ホテルに泊まること みたいなことだってこと、 どれだけの人が知っているんだろうか? 借り物の時間、、、借り物の体、、、」

チボ・マットの「Know Your Chicken」(『Viva! la Woman』1996年収録)は90年代中頃にリリースされ た。 ブンブンしたブレイクビーツ、ミュートのかかったトランペット、極彩色のチキンをちりばめた シュールな歌詞を歌う 既成のヒット路線とはかけ離れた食べ物大好きな日本人女の子二人のバン ドが、これだけの軌跡を文化に残すとは誰が予想しただろうか?しかも二人はニューヨーク在住で、 バンド名はイタリア語で「クレイジー・フード(狂った食べ物) 」という。

デビュー以来、チボ・マットのたどった道はまったく前例のないものである。バンド結成の’94年から、 今回発売になる『ホテル・ヴァレンタイン』まで、チボ・マットをはめるような型は世の中に一切存在し ない。

二人が2年以上かけてセルフ・プロデュースした新作『ホテル・ヴァレンタイン』は、今までにない力作 と言えるだろう。ホテルの廊下を忍び歩くゴーストとのラブストーリーはチボ・マットの二人がイマジ ネーションで作った映画であり、このアルバムはその(映像の存在しない映画の)サウンド・トラックの ようなものらしい。いつものようにジャンルの壁をぶち破った音のコレクションを巧みに組み合わせ、 それでいて「楽しさ」やダンス・グルーヴを決して失わないこのアルバムに、今回はレジー・ワッツ (ボーカル)、ネルス・クライン(ギター)、グレン・コッチェ(ドラム)、マウロ・ヒフォスコ(パーカッション) などがゲストで参加している。

「アルバム・タイトルでもある曲、”ホテル・ヴァレンタイン”は私達がこのアルバムのために一緒に書 いた最初の曲だった」とゆかはいう。

「だから、この曲はこのアルバムのストーリーを代表しているとも言えるかもしれない。でもこの説明 はこの辺でやめておきたいのです。説明という『知識』のコミュニケーションをとるよりも、音楽で『感 覚』というコミュニケーションをとりたいのです。」

「かっこつけ」の多い音楽業界の中で、チボ・マットの音の世界はすべてが本物に通じているという点 で一線を画している。 二人は日本で生まれ育ったが、出会ったのは90年代のニューヨークのロウアー・イースト・サイド。当 時のニューヨーク市長は共和党のジュリアーニ氏。彼の大胆かつ保守的な市制改革で変化の波にも まれたこの頃のニューヨークのシーンで活躍していたのは、ジョン・ゾーン、ショーン ・ レノン、オー ネット ・ コールマン、ビースティ ・ ボーイズ、マーク ・ リボーなどの「実験性」の高いクリエイティヴな ミュージシャン達であった。 二人はすぐにチボ・マットの原型となる『冷凍ライチ』という名のパンク・バ ンドを結成。後にチボ・マットへと変遷して行く。バンドを結成してから6ヶ月後には、噂を聞いたデ ヴィッド・バーンなどがライヴ会場に顔を見せるようになる。そして、たった一つの自主制作カセット テープがきっかけとなって、デビューから10ヶ月でワーナー・ブラザーズと契約することになった。その 後、チボ・マットは世界的にブレイクし、ワールド・ツアーを行うまでに成長。この間に「Viva! La Woman」(1996年)と「Stereo Type A」(1999年) の2枚のアルバムを発売、世界的なヒットとなった。

彼女たちのレコーディングなどのスタジオ・ワークとライヴ活動はワイルドな実験室と化し、ヒップホッ プ、ブラジリアン・ミュージック、アフリカン、ラテン・ジャズ、そしてポップなど様々な要素を取り入れる ことによってジャンル分けできないボーダーレスな音楽として位置付けられてゆく。また、オノ・ヨーコ をはじめ、数多くのアーティスト達とユニークなコラボレーションを多数おこなってきたが、特筆すべき はフランス人映画監督、ミシェル・ゴンドリー監督とのコラボレーションで制作されたミュージック・ビデ オ「Sugar Water」である。回文というコンセプトを使ったもの。二分割された画面の片側が普通のビデ オ、反対側が逆回しのビデオにもかかわらず、お互いの映像が見事にシンクしているとてもユニーク な趣向の映像作品で、アメリカのMTVアワードでベスト・コレオグラフィー賞にノミネートされた。

世界中で大ヒットしたテレビ・ドラマ「Buffy The Vampire Slayer」の初期のエピソードにも出演、SPIN誌 は彼女たちのデビュー・アルバムを90年代のベスト100アルバムに選出し、Time誌はベスト・ヒップ・ ホップ・アルバム・オブ・オールタイムに選出した。そして、彼女たちのファンベースは2001年の活動 休止まで拡大し続けた。

活動中止からの10年間、チボ・マットの二人はお互いソロ活動のキャリアを積むことになる。

ゆかは、Tzadik Records から3枚のソロ・アルバムをリリース。マーサ・ウェーンライトのアルバム 「Come Home to Mama」をプロデュース、またヨーコ・オノ・プラスティック・オノ・バンドの「Take Me to the Land of Hell」をオノ・ヨーコ、ショーン・レノンと共同プロデュースするなどのキャリアを積んだ。

一方、ミホはゴリラズのヒット曲「19-2000」に参加。ソロ・アルバム1枚、そしてSmokey and Mihoと呼ば れるスモーキー・ホーメル(ベックのギタリスト)とのコラボレーション・ユニットで2枚のアルバムをリ リースした。その後もハンサム・ボーイ・モデリング・スクールの「So... How’s Your Girl?」やビースティ・ ボーイズの「Hello Nasty」に参加するなどしてキャリアを積んだ。

約10年間、お互いソロ活動の時代を経て、再び チボ・マットとして、2011年頭に活動を再開。アルバ ム制作を始めてすぐ、同年3月に 東日本大震災があり、そのチャリティ・コンサートに参加することを 決定する。ニューヨークのコロンビア大学で行われたジョン・ゾーン主催のもの、LPRで行われたオノ・ ヨーコ主催のもの(パティ・スミス、アンソニー・ヘガティー、ルー・リードらが参加)に次々と出演。この 頃から彼女たちは、再びチボ・マットとしての新しいアルバムの制作を進め、ライヴ・ツアーも回るよう になっていった。

「いったん離れてみることによって、この二人が揃わなければできないこと、この二人が一緒に なることによって新しく生まれるもの、それがどんなに特別なものなのかよくわかった。まだ二人 でやらなくちゃいけないことがあることも。」(ゆか談)

2011年の2月14日、バンド再結成を思いながら何回目かのミーティングをしている二人に閃い たのは『ホテル・ヴァレンタイン』という、映像のない、音だけの映画を作ることだった。

『ホテル・ヴァレンタイン』は比喩であり、質問であり、答えであり、アイディアであり、感情であ る。そのシーン(情景)は不思議であり、ビビッドである。

「ホテル・ヴァレンタインはゆかと私の想像と技術の映画的なブリコラージュ」(ミホ談)

「私たちの媒体は音楽。アルバム作りという作業は、どこか子どもを育てることに似ているのか もしれません。ひとつひとつの曲は私とゆかさんのケミストリーの産物であり、その子(曲)たち がどんな人間に成長するのか、どんなストーリーを展開してくれるのかはわかりませんでしたが、 私達にも想像がつかない存在に成長しました!」

LINEUP:

CIBO MATTO

Vampillia


INFORMATION:
OPEN 19:00    START 20:00   

CHARGE:

ADV. ¥5000(D別) DOOR. ¥5500(D別)

WEB:

CIBOMATTO_jkt 帰ってきたよ。 世界で一番 有名な女子二人組。 15年振りの新作は 映像のない 音だけの映画
『ホテル・ヴァレンタイン』
ライナーノーツ:
エリイ(Chim↑Pom) スプツニ子!
解説:小野島大
歌詞・対訳付

《ホテル・ヴァレンタイン》 チボ・マット
2014.3/3発売 RZCM-59469 ¥2000(+tax)
01. CHECK IN (チェック・イン)
02. DÉJÀ VU (デジャヴ )
03. 10TH FLOOR GHOST GIRL
   (10階のゴーストガール)
04. EMERALD TUESDAY
    (エメラルド・チューズデイ)
05. MFN (MFN)
06. HOTEL VALENTINE
   (ホテル・ヴァレンタイン)
07. EMPTY POOL ( 空のプール)
08. LOBBY (ロビー)
09. HOUSEKEEPING (ハウスキーピング)
10. CHECK OUT (チェック・アウト)
11. FRONT DESK (フロントデスク)*
12. PARTY TIME FEELING (宴会場)*
コピー腕時計