ץꥫrӋ

SCHEDULE

2015.03.26 THU

MAMIFFER + DANIEL MENCHE Japan tour 2015

昨年11月に最新作『スタトゥ・ナセンディ』を発表したばかりのマミファーが2年半振り3度目の再来日公演を行う。前回はアースとの絶妙なシアトル・コネクションを聴かせてくれたが、今回は日本とも親交の厚い大御所アブストラクト・エクスペリメンタル・ミュージシャン:ダニエル・メンチとのカップリング。アンビエント・テイストを残しながらもフェイス・コロッチャのヴォーカルを積極的にフィーチュアすることでサウンドの幅を拡げているマミファーと、彼らと急速に共鳴する巨匠との組み合わせからは、新しい音楽の楽しみ方を享受出来るはず。 各地でゲストとしてプレイするのは2015年日本初ライヴとなるボリス、そして日本のシーンにも造詣の深いマミファーのアーロン・ターナーはドリームプッシャーとエンドンを指名した。現在の関西最先鋭とも評されるYPYとの共演も非常に興味深く、パッケージとしても魅力十分のツアーになりそうだ。

MAMIFFER
2000年代初頭よりエヴァーラヴリー・ライトニングハート(ELLH)として活動していたフェイス・コロッチャが、ELLH解散直後に立ち上げたアート・プロジェクト。ピアノ主体の旋律、アンビエント/ドローン的雰囲気の楽曲、そこにオーヴァー・ダブされる弦楽器やエレクトロニクスという作風は、よりアート性を重視した無機質さが魅力だったELLHよりも肉感的に聴こえ、拡張路線以降のサンO)))やへヴィロック/アンビエント系アーティストとも共鳴している。マミファー始動当初からコラボレーションを続けていたアーロン・ターナーが合流し、2010年3月に東京で1日限りの来日公演を敢行。直後に発表されたアイシス解散以降、アーロンは正式メンバーとして加入した。『ハイラー・エニファー』(08)、『メア・ディセンドリ』(11)、『スタトゥ・ナセンディ』(14)の3枚のフル・アルバムの他にもコラボレーション作を多数リリース。創作活動をメインとしているが、アメリカ西海岸を中心に積極的に印象深いライヴを行っており、2012年には伝説のアース初来日公演にも帯同した 最新作: 『スタトゥ・ナセンディ』 2CD:DYMC-235 ¥3,000+tax

DANIEL MENCHE
1969年生まれ、オレゴン州ポートランドを拠点に活動するアブストラクト・エクスペリメンタル・アーティスト。1989年より創作とライヴ・パフォーマンスを始め、ソレイユ・ムーン、エディションズ・メゴ、インポータント、アスフォデル、ユーテックといったレーベルから数10タイトルの作品をリリース。自然界にあるものから自作ソースより産み出したノイズまで、凡そ全ての音を増幅させて紡ぐサウンドの壁は何ものにも形容し難い。

LINEUP:

MAMIFFER
DANIEL MENCHE
YPY
DREAMPV$HER


主催:
Daymare Recordings

INFORMATION:
OPEN 18:30    START 19:00   

CHARGE:

ADV ¥3500(D別) DOOR ¥4000(D別)

TICKET INFO:

前売メール予約はこちら
( 受付期限 3/25 23:59まで )

※予定枚数に達しましたら受付終了となります。その場合はメールを送信いただいても受付できませんのでご了承ください。こちらの受信履歴の先着順となります。

チケットぴあ ( Pコード 255-709 )
ローソンチケット ( Lコード 56291 )
e+ ( イープラス )

コピー腕時計