ץꥫrӋ

SCHEDULE

2016.10.14 FRI

FUNKYMIC – LIVE SHOW 2016 –

Funkymic
RAPPER / BEATBOXERとして98年頃活動開始。クチウルサイMCとして大阪を中心に活動し、 2003年Funkymic and the Saturdays Rism名義でアルバムリリース後、韻シストのMCとしても活動。 翌年Epic Recordsよりメジャー進出、数々の大型フェスや全国各地でのライブで着々とキャリアを重ねる。 2010年韻シストを脱退、翌2011年[FRESHMAN EP]を発表後、ジャンルを軽く超えるセッション力で 精力的にライブ・制作を続け、2014年P-VINE Recordsより1stフルアルバム [MIC SENSE NICE]をリリース。

PUNCH&MIGHTY
メロディオン奏者/キーボーディストのマイケル☆パンチとDJ、トラックメイカー MIGHTY MARSによる スーパーフリーダムユニット「PUNCH&MIGHTY」。 2011年結成以来、鍵盤&ターンテーブルのみで行われるライブスタイルが関西を中心に全国各地でもプロップスを獲得。 2012年、1st MIX CD 「ON THE CORNER」を発売。 その後、EVISBEATSのライブサポートユニットとしても活躍。 EVISBEATSとPUNCH&MIGHTY名義で「SESSION 1」、MIXCD「LIFE AS A JOURNEY」、7インチレコード 「夜風に吹かれて」をリリース。 現在まで、数々のLIVEやセッション、音源、remix制作など、その活動は多岐に渡る。

NAGAN SERVER
キレのあるステージングに、力強い言葉で表現するラッパーNAGAN SERVER(ナガンサーバー)。 全国各地をライヴで渡り、DJセットを基盤とする数々のライヴセッション (KenKen、DOCTOR- HASEGAWA、DJ YASA(KIREEK)、韻シストBAND…etc) といったアーティスト勢と 独自のRAP MUSICを展開。リアリティのある歌詞が幅広いリスナーから支持を得る。 客演ではバンドNabowaのギタリスト景山 奏ソロプロジェクトアルバム「THE BED ROOM TAPE」、 BASI 4th ALBUM「Mellow」、呂布カルマ 4th ALBUM「The Cool Core」など参加。 他、書道や陶芸、茶道などの伝統的芸術から、ファッション、グラフィティのような現代を表すアートにも関わりが深く、 展覧会・イベントにて音演出をこなす。Domestic shoes brand「AREth」,「STRUSH WHEELS」といった ブランドよりサポートも受けている。

DJ YASA
DJを始めてわずか3年にして世界最大規模のDJバトル、DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP 2003において日本チャンプに輝くと、ロンドンで行われた世界大会で世界4位という衝撃デビューを果たす。
その翌年、盟友 HI-C(2005 Vestax Extravaganza World Champion)とターンテーブリズムユニット『Kireek』を結成。
2006年 DMC WORLD CHAMPIONSHIPでは2度目の日本チャンピオン、さらにWORLD FINALで会場に集まった様々な国の人々を興奮の渦へ誘い、堂々の第2位の座を獲得し世界に日本の名を刻み込んだ。
Kireekとしての活動では、2007年日本が世界に誇る野外フェス FUJI ROCK FESTIVALに出演。
同年のDMC WORLD CHAMPIONSHIP TEAM部門において、ドイツ、フランス、イギリスなどの強豪国を抑え初出場にしてアジア初の世界王座に輝くと、続く08年、09年、10年、11年と防衛王者として世界記録の5連覇の偉業を成し遂げた。
その独特なサウンドスタイルが評価され、ロンドンでNIKE DESTROYERジャケットを記念したイベントや、モスクワで行われたTOYOTA IQのロシア発売イベント、中国ツアーなど海外でも注目される。
ジャンルを超越した選曲、2枚のレコードを駆使し作り出されるサウンドストーリー、他とは一線を隔す衝撃のライブを約束しよう。
これまでにHIFANAアートワークでおなじみ、MAHAROデザインのMIX CD TRIPシリーズ3枚リリース。計8作品のMIXリリース(2007~2011)
新感覚 カレンダーUNIQLO CALENDARでFantastic Plastic Machineとコラボレートし、その曲が6枚目のアルバム『FPM』にて1曲目に選抜される。(2009)
福岡奇才アート集団OILWORKSより「映像」と「音」を融合させたコンピレーションアルバムDVD、『The Visionaries』の特典映像で参加。(2011)
イベントOILWORKS TECHNICS OsakaでのLiveセット MIXCD『The Technics Technique』のリリース。(2011)
初オリジナルトラック作品『Useful For Mind』12inch EPのリリース。(2013)
ファン待望の1st Full Album 『MIND ADVANCE』リリース。 田我流、NAGAN SERVER、SNEEEZE、らラッパーとのコラボレーションが話題になる。(2014)
サウンドプロデューサーのHIMURO YOSHITERU、OLIVE OIL、ENDRUNらがREMIX WORKを手がけた『MIND ADVANCE REMIX』リリース。(2014) Kireekではバトルブレイクス12inch『Kireek Breaks』のリリース。(2007)
DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP5連覇ドキュメンタリーDVD『KIREEK TV』リリース。(2013)
KIREEK TV発売記念でSTUSSY×KIREEKコラボTシャツ全国発売。
フューチャリングではNinja TuneのDJ KENTARO初DVD作品『National Geoscratch』、人力手動ブレイクビーツユニットHIFANAの『南風ケーブル2』、ヒューマンビートボクサー太華の『顔面着地』、
MJRのBOXER KID『DO CRAZY WITH LOVE feat.SHINGO☆西成』 楽曲提供、 CHEHON『A PASSING POINT』など、様々なジャンルの作品に参加している。
地球をフィールドに、音楽とスキルで世界にポジティブエネルギーを与え続けるDJ / TURNTABLIST / SOUND CREATORである。

JAMBO LACQUER
北大阪 服部緑地がホーム。RAPSONG/TRACK MAKE/DANCEの3つの要素を軸に表現は自由自在。 2000年DANCE 開始。関西を中心に数々のショーケースとバトルに出場し、活動を広める。2006年『WARAJI』結成。POPING DANCEを愛し、ビートに合わしPOPINGする姿はライヴでも随所で見せる。 独自の視点と言葉遣いで魅せる不思議な世界観。自身で作曲を行う”BomJa Break” というもう一つの顔を持つ。 過去では2012年、2013年にBASIC MUSICからソロ作品「J-L EP」 「IRISHCREAM」をリリースし たくさんの話題を呼んだ。その後もWARAJIの面々と全国各地で名を残し、ライヴを通して多大なgood vibesを吸収。 時は流れ2016年、満を持してHOMEの服部緑地産レーベル "GREENTEA"から待望のソロ2nd Album「 SettingOff」 をリリース。只今Next. 写真 : 下山徹也 (212.MAG)

LINEUP:

LIVE:
FUNKYMIC
PUNCH&MIGHTY
NAGAN SERVER x DJ YASA ( KIREEK )
JAMBO LACQUER ( WARAJI )

FOOD:
ツキノワカレー


INFORMATION:
OPEN 18:30    START 19:00   

CHARGE:

ADV. ¥2500(D別) DOOR. ¥3000(D別)
9/16との2日券. ¥4500※メール予約のみ

TICKET INFO:

チケットぴあ ( Pコード 307-762 )
ローソンチケット ( Lコード 58229 )
e+ ( イープラス )

前売メール予約はこちら
( 受付期限 10/13 23:59まで )

※予定枚数に達しましたら受付終了となります。その場合はメールを送信いただいても受付できませんのでご了承ください。こちらの受信履歴の先着順となります。キャンセル不可になりますので予めご了承ください
※2日券の場合は件名に2日券と付け加えてください。

コピー腕時計