SCHEDULE

2019.10.18 FRI

odol LIVE 2019 “O/g-12”

■odol

ミゾベリョウ(Vocal,Guitar)
井上拓哉(Guitar)
早川知輝(Guitar)
Shaikh Sofian(Bass)
垣守翔真(Drums)
森山公稀(Piano,Synthesizer)

福岡出身のミゾベリョウ(Vo.)、森山公稀(Pf./Syn.)を中心に2014年東京にて結成した6人組。 ジャンルを意識せず、自由にアレンジされる楽曲には独自の先進性とポピュラリティが混在し、新しい楽曲をリリースする度にodolらしさを更新している。 東京藝術大学出身の森山公稀が全楽曲の作曲を担当。その他にも舞台や映像作品の劇伴、他アーティストへの楽曲提供も行なっている。

ライブ活動では、シンパシーを感じるアーティストと共に「思考を超える実感の場を作る」というコンセプトの自主企画ライブシリーズ「O/g(オージー)」をスタート。 2018年に計7公演開催しており、King Gnu、向井太一、LILI LIMIT、集団行動、iri、mol-74、世武裕子をゲストに迎えた。 2019年は2月に通算8公演目となる「O/g-8」を大阪にて、カネコアヤノ(バンドセット)、Special Favorite Musicを迎えて開催。 3月には9公演目となる「O/g-9」を東京にて、佐藤千亜妃、PAELLASをゲストに迎えて開催した。

2014年7月「FUJI ROCK FESTIVAL’14 ROOKIE A GO-GO」に出演。
2015年5月、1st Album『odol』をリリース。
2016年5月、2nd Album『YEARS』をリリース。タイトル曲「years」が日本郵便「ゆうびん.jp/郵便年賀.jp」のWeb CMに起用される。
11月、早川知輝が加入して6人体制となる。
2017年1月、新木場STUDIO COASTにて開催された、TWO DOOR CINEMA CLUB来日公演のオープニング・アクトを務める。
9月、1st EP『視線』をリリース。
2018年7月、「FUJI ROCK FESTIVAL’18」RED MARQUEEに出演。
10月、3rd Album『往来するもの』をリリース。この作品はタワーレコードのバイヤーがレコメンドする企画「タワレコメン」に選出。また、タワーレコード「NO MUSIC,NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズに起用される。『往来するもの』がCDショップ大賞・九州ブロック賞を受賞。
2019年も積極的なライブ活動、新曲リリースを予定している。

LINEUP:

odol



INFORMATION:
OPEN 18:30    START 19:00   

CHARGE:

ADV. ¥3500(D別)

WEB:

odol

INFO:
GREENS
06-6882-1224(平日11:00~19:00)